閉じる

からだの状態をチェックして疾病予防につなげるため、様々な健診の費用を補助しています。
心身ともに健康で充実した生活を送れるよう定期的な健診の受診を心掛けましょう。

人間ドック(特定健康診査の健診項目を含む)

対象者

35歳以上の被保険者・被扶養者で、受診日当日、当組合の加入者

*年齢の起算日は当年度末(3月31日時点)においての年齢です。

受診期間(補助対象期間)

4月1日~翌年2月末日 受診まで

検査項目 ●人間ドックAコース
健康診断等検査項目表で定めた項目とし、特定健康診査項目を含む。
※検査内容は全国健康保険協会の「生活習慣病健診(一般健診+付加健診)」に該当します。

●人間ドックBコース
健康診断等検査項目表で定めた項目とし、特定健康診査項目を含む。
※検査内容は全国健康保険協会の「被扶養者ミニドック健診」に該当します。
補助金額 ●人間ドックAコース
受診1回につき最大21,100円(年度内に1回)
または
●人間ドックBコース
受診1回につき最大13,900円(年度内に1回)
補助金支払
  1. 【償還払い方式】
    人間ドックなどの費用を受診当日に全額個人負担していただき、領収書(原紙)・個人結果通知書(コピー可)・申請用紙を当組合まで郵送してください。確認後、補助額を被保険者名義の口座に振り込みます。
  2. 【契約医療(健診)機関受診方式】
    当組合が契約する医療(健診)機関で受診した場合は、当日窓口負担は個人負担金のみとなります。

    個人負担金 Aコース:9,700円
          Bコース:7,000円
  • ※償還払い方式での、補助金額の計算方法は以下のとおりです。各コースの個人負担金の額が自己負担額になるように補助金を計算します。
  • 例1:窓口負担が25,000円の場合(人間ドックAコース)
  •   25,000 -9700 =15,300円 が補助金額です。
  • ※年度内に受診した分の補助金申請は受診年度末(3月末日)必着です。年度を過ぎてからのご申請は、補助金のお支払ができかねますので、十分にご注意ください。
申請方法

償還払い方式の場合(契約医療(当組合)機関は自己負担のみで受診可)

受診者が人間ドック受診費用全額を一時負担(窓口支払い)して保健事業(健康診断部門)申請用紙こちらに領収書・健康診断結果(写)を添えて当組合へ請求してください。申請書を受付後2ヵ月以内に被保険者名義の口座に補助金額を振り込みます。

受診結果 「高齢者の医療の確保に関する法律」で、保険者(当組合)は加入者が特定健康診査項目を含む健康診断等を受診した場合、当該結果を受領できることとなっています。実施医療機関が受診結果をXML形式で提出できない場合は、当組合へ個人結果通知書の提出を求めます。
備考

協会けんぽの生活習慣病健診(一般健診+付加健診) (平成28年5月31日まで)

  • ※付加健診は一般健診受診時に40歳、50歳のみが追加できる検査項目です。

愛知県医療健康保険組合 (平成28年6月1日以降)

  • ※愛知県医療健康保険組合では35歳以上74歳までの加入者が対象者となります。
  • ※36~39歳、41~49歳、51歳以上の受診者も、付加健診項目に該当する検査を受診することとなります。

受診の流れ

  1. 受診希望の医療(健診)機関へ直接電話連絡して受診日の日程調整をしてください。
  2. 医療(健診)機関から受診資料が送付されますので注意事項等を一読して受診準備を行ってください。
  3. 人間ドックを受診します。
  4. 補助の受け取り方は2通りあります(下図参照)
    【償還払い方式】

    【契約医療(健診)機関方式】

償還払い方式
契約医療(健診)機関受診方式

ページの先頭へ

脳ドック(頭部MRI 頭部MRA 頸動脈エコー)

対象者

35歳以上の被保険者・被扶養者

*年齢の起算日は当年度末(3月31日時点)においての年齢です。

補助金額 15,000円(2年度内に1回)
補助金支払
    1. 【償還払い方式】
      人間ドックなどの費用を受診当日に全額個人負担していただき、領収書(原紙)・個人結果通知書(コピー可)・申請用紙を当組合まで郵送してください。確認後、補助額を被保険者名義の口座に振り込みます。
    2. 【契約医療(健診)機関受診方式】
      当組合が契約する医療(健診)機関で受診した場合は、当日窓口負担は個人負担金のみとなります。
  • ※年度内に受診した分の補助金申請は受診年度末(3月末日)必着です。年度を過ぎてからのご申請は、補助金のお支払ができかねますので、十分ご注意ください。
申請方法

償還払い方式の場合(契約医療(健診)機関は自己負担のみで受診可)

受診者が検診受診費用全額を一時負担(窓口支払い)して保健事業(健康診断部門)申請用紙こちらに領収書・健診結果(写)を添えて当組合へ請求してください。申請書を受領後2ヵ月以内に被保険者名義の口座に補助金額を振り込みます。

ページの先頭へ

婦人科健診

子宮頸がん検診

対象者

20歳以上の女性の被保険者・被扶養者

*年齢の起算日は当年度末(3月31日時点)においての年齢です。

補助金額 1,000円(年度内に1回)
検査内容 自己採取による細胞診断は補助対象としません。
補助金支払
  1. 【償還払い方式】
    人間ドックなどの費用を受診当日に全額個人負担していただき、領収書(原紙)・個人結果通知書(コピー可)・申請用紙を当組合まで郵送してください。確認後、補助額を被保険者名義の口座に振り込みます。
  2. 【契約医療(健診)機関受診方式】
    当組合が契約する医療(健診)機関で受診した場合は、当日窓口負担は個人負担金のみとなります。
  • ※年度内に受診した分の補助金申請は受診年度末(3月末日)必着です。年度を過ぎてからのご申請は、補助金のお支払ができかねますので、十分ご注意ください。
申請方法

償還払い方式の場合(契約医療(健診)機関は自己負担のみで受診可)

受診者が検診費用全額を一時負担(窓口支払い)して保健事業(健康診断部門)申請用紙こちらに領収書・健診結果(写)を添えて当組合へ請求してください。申請書を受領後2ヵ月以内に被保険者名義の口座に補助金額を振り込みます。

ページの先頭へ

乳がん検診

対象者

40歳以上の女性の被保険者・被扶養者

*年齢の起算日は当年度末(3月31日時点)においての年齢です。

補助金額 2,500円(年度内に1回)
検査内容

マンモグラフィのみ補助対象(撮影枚数は問いません)です。乳腺超音波検査は補助対象外ですので、ご注意ください。
乳腺が発達していてマンモグラフィではしこりを見つけにくいので、30歳代超音波検査、40歳を過ぎたらマンモグラフィでの受診が基本とされています。受診する医療(健診)機関での検査方法や撮影枚数等を確認の上受診してください。

  • ※子宮頸がん、乳がん検診等は市町村によっては指定年齢者「無料クーポン」を発給している場合がありますので、お住まいの市町村でご確認ください。市町村の補助を利用した場合は、当組合からの補助金を受け取ることはできません。
補助金支払
  1. 【償還払い方式】
    人間ドックなどの費用を受診当日に全額個人負担していただき、領収書(原紙)・個人結果通知書(コピー可)・申請用紙を当組合まで郵送してください。確認後、補助額を被保険者名義の口座に振り込みます。
  2. 【契約医療(健診)機関受診方式】
    当組合が契約する医療(健診)機関で受診した場合は、当日窓口負担は個人負担金のみとなります。
  • ※年度内に受診した分の補助金申請は受診年度末(3月末日)必着です。年度を過ぎてからのご申請は、補助金のお支払ができかねますので、十分ご注意ください。
申請方法

償還払い方式の場合(契約医療(健診)機関は自己負担のみで受診可)

受診者が人間ドック受診費用全額を一時負担(窓口支払い)して保健事業(健康診断部門)申請用紙こちらに領収書を添えて当組合へ請求してください。申請書を受領後1ヵ月以内に被保険者名義の口座に補助金額を振り込みます。(振込手数料は当組合負担)

ページの先頭へ

前立腺検診

対象者

50歳以上の男性の被保険者・被扶養者

*年齢の起算日は当年度末(3月31日時点)においての年齢です。

補助金額 1,000円(年度内に1回)
補助金支払
  1. 【償還払い方式】
    人間ドックなどの費用を受診当日に全額個人負担していただき、領収書(原紙)・個人結果通知書(コピー可)・申請用紙を当組合まで郵送してください。確認後、補助額を被保険者名義の口座に振り込みます。
  2. 【契約医療(健診)機関受診方式】
    当組合が契約する医療(健診)機関で受診した場合は、当日窓口負担は個人負担金のみとなります。
  • ※年度内に受診した分の補助金申請は受診年度末(3月末日)必着です。年度を過ぎてからのご申請は、補助金のお支払ができかねますので、十分ご注意ください。
申請方法

償還払い方式の場合(契約医療(健診)機関は自己負担のみで受診可)

受診者が検診受診費用全額を一時負担(窓口支払い)して保健事業(健康診断部門)申請用紙こちらに領収書を添えて当組合へ請求してください。申請書を受領後1ヵ月以内に被保険者名義の口座に補助金額を振り込みます。(振込手数料は当組合負担)

ページの先頭へ

歯科健診

対象者

受診日当日、当組合に加入の被保険者・被扶養者(年齢制限なし)

*受診日当日、資格を喪失している場合は受診できません。受診した場合は、健診金額返還となりますのでご注意ください。

受診期間
(補助対象期間)

毎年4月1日~翌年1月31日(ただし、令和2年度は6月1日~翌年1月31日) 受診まで

補助金額

補助回数

全額健保補助(償還払いの申請はできません)

毎年4月1日~翌年1月31日までの期間で2回まで補助

※3回以上受診の場合は、越えた分は金額返還となりますのでご注意ください。

健診内容 虫歯のチェック・歯ぐきや口の粘膜の健康状態チェック・口腔衛生指導、正しいブラッシング方法指導、本人希望と医師の判断により、オプションとして歯冠クリーニング・フッソ塗布
受診場所

愛知県歯科医師会に加入の歯科医院
(愛知県外の歯科医院では受診できません。)

インターネットで「愛知県歯科医師会」で検索し、そのトップ画面の「歯やお口が気になる方」の中の「安心・安全なあなたの町の歯医者さん情報」をクリック

受診方法
  • 愛知県歯科医師会に加入の歯科医院に直接電話し、「愛知県医療健康保険組合で契約している歯科健診を受けたい」ことを伝え、ご予約ください。
    (受診する歯科医院が、「愛知県歯科医師会」に加入しているか、必ず確認ください。)
  • 電話予約後、必ず受診者の「保険証」を持参して受診してください。
  • 健診当日に「治療」に切り替えた場合は、診療扱いとなりますので、自己負担金が発生します。

ページの先頭へ

インフルエンザ予防接種

健康保険組合連合会愛知連合会と愛知県医師会の共同事業を利用。

対象者・補助金額

被保険者:74歳までの方に1,500円
被扶養者:12歳までの方に3,000円
13~74歳までの方に1,500円

*年度内に1回のみ補助いたします。

*自己負担額が補助額を下回る場合は、自己負担額を上限に補助します。

*年齢の起算日は当年度末(3月31日時点)においての年齢です。

利用方法

1)被保険者

法人(医療機関等)内で接種したワクチンのバイアルシールを、被保険者(接種者)一覧表に添付した表を作成して、当組合に提出してください。

2)被扶養者

健康保険連合会愛知連合会と愛知県医師会の共同事業「インフルエンザ予防接種補助事業」を利用します。 *地方自治体の公的助成との併用はできません。

健康保険組合連合会愛知連合会と愛知県医師会共同事業
(インフルエンザ予防接種補助事業)

  • ※接種補助券と健康保険証で、共同事業に参加している医療機関で受診してください。
    共同事業参加医療機関検索
  • ※被扶養者12歳まで(年度末年齢において)は3,000円を補助いたします。なお、接種料金が接種補助券面に記載してある補助額を下回る場合は、自己負担額は無料になりますが、差額の返金はありません。
  • 受診券には有効期限が定めてありますので、有効期限内にご利用ください。次年度は使用できません。
  • ※共同事業参加医療機関以外でインフルエンザワクチンを接種された場合(窓口で予防接種料金を全額負担)は、「インフルエンザ予防接種費用 補助金支給申請書」・領収書(原本、インフルエンザ予防接種の但し書きと接種者の氏名が記載されていること)・使用しなかった接種補助券を当組合まで郵送にてご申請ください。
  • ※年度内に接種した分の補助金申請は受診年度末(3月末日)必着分のみお支払いたします。年度を過ぎてからのご申請は、補助金のお支払ができかねますので、十分ご注意ください。

ページの先頭へ

B型肝炎抗体検査

対象者 74歳までの被保険者の希望者
補助金額 950円(年度内1回)
申請方法

B型肝炎抗体価一覧表を作成して当組合へ請求してください。
定期健康診断受診結果一覧表内での記載でも可とする。

  • ※年度内に受診した分の補助金申請は受診年度末(3月末日)必着分のみお支払いたします。年度を過ぎてからのご申請は、補助金のお支払ができかねますので、十分ご注意ください。

ページの先頭へ

B型肝炎ワクチン接種

対象者 74歳までの被保険者でB型肝炎低抗体力価の希望者
補助金額 1,000円(年度内1回)
申請方法

B型肝炎ワクチン接種者一覧表を作成して当組合へ請求してください。

  • ※年度内に接種した分の補助金申請は受診年度末(3月末日)必着分のみお支払いたします。年度を過ぎてからのご申請は、補助金のお支払ができかねますので、十分ご注意ください。

ページの先頭へ

定期健康診断項目への追加項目

眼底検査

対象者

35歳以上の被保険者

*年齢の起算日は当年度末(3月31日時点)においての年齢です。

補助金額 1,000円(年度内に1回)
検査方法 無散瞳型眼底カメラによる撮影
申請方法

定期健康診断項目に追加検査項目(眼底検査)が記載された受診結果一覧表を提出してください。
なお、両眼である必要はありません。

  • ※年度内に受診した分の補助金申請は受診年度末(3月末日)必着分のみお支払いたします。年度を過ぎてからのご申請は、補助金のお支払ができかねますので、十分ご注意ください。

上部消化管検査

対象者

35歳以上の被保険者

*年齢の起算日は当年度末(3月31日時点)においての年齢です。

補助金額 1,000円(年度内に1回)
検査方法 内視鏡検査またはX線検査
申請方法

定期健康診断項目に追加検査項目(上部消化管検査)が記載された受診結果一覧表を提出してください。

  • ※年度内に受診した分の補助金申請は受診年度末(3月末日)必着分のみお支払いたします。年度を過ぎてからのご申請は、補助金のお支払ができかねますので、十分ご注意ください。

大腸がん検査

対象者

35歳以上の被保険者

*年齢の起算日は当年度末(3月31日時点)においての年齢です。

補助金額 1,000円(年度内に1回)
検査方法 抗ヒトヘモグロビン免疫法(2日間法)
申請方法

定期健康診断項目に追加検査項目(大腸がん検査)が記載された受診結果一覧表を提出してください。

  • ※年度内に受診した分の補助金申請は受診年度末(3月末日)必着分のみお支払いたします。年度を過ぎてからのご申請は、補助金のお支払ができかねますので、十分ご注意ください。

ページの先頭へ

関連項目

ページの先頭へ