閉じる

医療費の自己負担には「限度額」があり、一定の基準に基づいて計算した自己負担額が限度額を超えた場合、超えた額が「高額療養費」として支給されます。

医療費の窓口負担を減らしたいとき

必要書類
対象者 1ヵ月の医療費の窓口負担が自己負担限度額を超える見込みである、70歳未満の被保険者・被扶養者
お問合せ先 健康保険組合
備考 入院・外来のどちらでも利用できます。
70歳以上は高齢受給者証の提示により同様の取り扱いとなります。

医療費の自己負担が高額になったとき

必要書類
対象者 1ヵ月の医療費の窓口負担が自己負担限度額を超えた被保険者・被扶養者
お問合せ先 健康保険組合
備考

医療と介護の自己負担が高額になったとき

必要書類
  • 「高額介護合算療養費支給申請書」
【添付書類】
  • 介護保険の自己負担額証明書
提出期限 すみやかに
対象者 同一世帯内で医療と介護ともに自己負担があり、1年間に両制度でかかった自己負担の合計額が、限度額を超えた被保険者
お問合せ先 健康保険組合
備考 1年間:8月1日~翌年7月31日で計算

70歳以上の年間の外来医療費が高額になったとき(外来年間合算)

必要書類
  • 「高額療養費(外来年間合算)支給申請書兼自己負担額証明書交付申請書」
提出期 基準日の翌日から2年以内
対象者 70歳以上の被保険者・被扶養者の1年間(前年8月1日~7月31日)の外来療養にかかる自己負担額合計が144,000円を超えた方
  • ※基準日(7月31日)時点で、所得区分「一般」または「低所得」に該当する方が対象になります。
  • ※「現役並み所得者」区分であった期間の自己負担額は計算に含まれません。
  • ※2017年8月1日以降の外来診療分が対象となります。
お問合せ先 健康保険組合
備考 申請は7月31日時点で加入している健康保険に行います。
過去1年間に他の健康保険へ加入していた期間がある場合、以前加入していた健康保険から自己負担額証明書の交付を受け、申請時に添付してください。

高額医療費の貸付

必要書類
  • 「高額医療費資金貸付申込書」
【添付書類】
  • 費用の内訳のある請求書または領収書
対象者 高額療養費の支給を受ける見込みがあり、医療費の請求を受けた、または支払った被保険者・被扶養者
貸付額 高額療養費支給見込額の8割(1,000円未満端数切り捨て)
貸付利息 無利息
お問合せ先 健康保険組合
備考 高額療養費の支給を受けるまでの間の療養に要する費用を貸付します。

ページの先頭へ